妊娠を計画している女性、妊婦さんには葉酸が必要であるといわれています。
その理由は、妊娠初期に葉酸が不足することによって胎児に様々な影響が出るからです。
どのような影響なのかというと、妊娠初期神経管閉鎖障害と呼ばれる先天性異常です。

神経管閉鎖障害を発症してしまうと、死産、流産になってしまうこともあります。
割合としては少ないのですが、1万人の赤ちゃんに対して6人といわれています。

神経管閉鎖障害を発症する理由が葉酸不足だけであるとはいえませんが、葉酸不足によって神経管閉鎖障害を引き起こしてしまう原因になっていることには違いないのです。

厚労省もおすすすめの葉酸

葉酸によって神経管閉鎖障害を予防できるというのはよく知られていますが、厚労省においても葉酸の摂取を推奨していますので、サプリメントにもたくさんの種類があります。
妊婦さんには葉酸サプリメントといのが定着しつつありますが、葉酸サプリメントに化学合成用酸、天然葉酸とがあります。

妊娠を計画していて葉酸の摂取を考えている方は化学合成のものではなく天然のものがおすすめです。

化学合成葉酸ってなに?

化学合成葉酸と呼ばれるものは、石油のような化学成分が使用されていることがあります。
添加物もたくさん使用されているものがありますので、どれだけ安いものでも、化学成分が含まれているものはおすすめできません。

化学合成葉酸を妊娠後期において過剰に摂取することで、赤ちゃんに喘息を発症しやすくなるともいわれています。
そして、化学合成葉酸というのはどのような成分で合成されているのか、ということはあまり詳しく表記されません。
そのため、使用量をしっかりと守らなければ過剰摂取をしてしまうリスクが高くなってしまうのです。

葉酸は少なくてもだめですし、過剰摂取も化学合成葉酸を摂取するのもよくありませんので、十分に注意してください。

葉酸はなんでも摂取すれば良いわけじゃない

葉酸は摂取すべき栄養素ですが、だからといってなんでも適当に飲めば良いというものではないのです。
そのことをしっかりと覚えておきましょう。

葉酸サプリ